時が止まればと 初めて感じた

拗らせ北斗担の備忘録